女性サイクリスト向けアイテム作成プロジェクト始動!

2021.12.17 (金)

つくば霞ヶ浦りんりんロード利活用推進協議会(事務局:茨城県スポーツ推進課)は11月22日、茨城県在住の女性サイクリストによるプロジェクト「女性サイクリスト向けアイテム作成」をスタートしたことをお知らせいたします。

構成メンバーは、茨城県在住の女性6名。BMX選手としても活躍する高校1年・岡本彩桜(さくら)さん、大学自転車同好会顧問の倉田沙耶香さん、ライターの高木真矢子さん、イラストレーターの夏福さん、リポーター・MCの水越恭子さん、デザイナー・フォトグラファーの吉成美里さん。
初心者~上級者までの10~30代で構成し、女性ならではの視点で、つくば霞ヶ浦りんりんロード沿線で必要と感じるアイテムや課題などを座談会、SNSなどを活用した意見収集・PRを通して制作を進めます。

完成したアイテムについては、販売、ノベルティ、広域レンタサイクル事業の自転車付属アイテムとして活用し、女性誘客に繋げていきます。
女性サイクリスト向けアイテムの完成は来年春頃の予定で、完成発表も開催予定です。